FLOW

製造プロセス(製品・製造の流れ)

金型の設計・製作から鋳造、加工、組立てまでの一貫体制

ダイカストとは、精密な金型に溶かした亜鉛・アルミニウム合金などを、高速・高圧で注入し、瞬時に成形する技術および製品のことをいいます。弊社においては製品図を基に、金型の設計・製作から鋳造、加工、表面処理、組立てにいたる一貫体制で、業界においての実力を確固たるものにし、顧客の高い要求にも取り組めるよう日々努力しております。

製造の流れ

  • 01見積もり及び打ち合わせ(ヒアリング)

    製品の仕様、構造、仕上げの方法などをお客様と打ち合わせを致します。
    ダイカスト製品の後加工も含めご提案、見積もりをさせて頂きます。

  • 02金型設計

    ダイカスト製品の金型設計から始まります。
    弊社50年のノウハウより設計者、金型技術者、鋳造技術者などが一体となって
    金型を作成致します。

  • 03金型製作

    金型設計図面に基づき、
    最新の工作機械と独自の技術で高精度の金型製作を致します。

  • 04鋳造(試作・量産)

    鋳造機に金型を取り付け、調整、鋳造に必要な条件出しを行い試作を行います。
    試作製品の了承後、量産生産となります。

  • 05加工・組立(試作・量産)

    鋳造された製品は、図面、QC工程表に基づき
    機械加工(NC加工、MC加工など)、表面処理、組立などが行われます。

  • 06品質検査

    三次元測定器などによる製品寸法の測定、リーク検査など、
    各工程で精密な品質検査が行われます。

トップへ戻る
Copyright (C) 2015 KANARE Industries co.,ltd. All Rights Reserved.