ホットのカナレです。

アルミコールドチャンバー 複雑な形状・量産にも対応



アルミダイカストは、複雑な形状に対応できるという優れた特性がありながら、量産にも適応できることからコスト面でも優位性を保っています。このため、自動車部品に積極的に採用され、ハウジングやブラケットなどの構造部品や耐摩耗性が必要な機能部品などに使われています。
またアルミダイカストの密度は鉄の約1/3という軽さから、軽量化材料としても大きな期待が寄せられています。