SERVICE

亜鉛ダイカスト製品 薄肉製品の製造が可能

亜鉛ダイカストは、肉厚約0.8mmまでの
薄肉製品の製造が可能な上、電機メッキ・
塗装・化成処理・陽極酸化など、種々の
表面処理ができるという優れた特色をもっています。
さらに寸法精度も高く、しかも高速度鋳造
ができる、金型寿命が長い、省エネルギー
など、数多くの特徴があり、高い生産性を
含めて、その経済的利点が大きいことから、幅広い分野で活用されています。

複雑な形状でも高い寸法精度が可能です。

亜鉛ダイカストは、アルミダイカストに比べると金型寿命が長いと言われており、加工性にも優れているため、複雑な形状のものや、寸法精度のきわめて高い部品の製造が可能です。
更に、高度な薄肉化が可能になり、抜け勾配が小さいため、鋳造後の成形も容易という特徴があります。

亜鉛合金の特徴と用途|耐衝撃性に優れた合金。

亜鉛合金は、寸法精度を出しやすく、衝撃にも強い性質を持ち、振動を吸収する性能、いわゆる減衰能に長けた材料でもあります。
めっき性もよく、光沢のついた電気めっきも容易に可能であるため、カラフルな光沢が必要な用途でも利用されています。

薄肉製品の製造が可能で、軽量化も容易です。

材料を薄くすることができる、いわゆる薄肉についても亜鉛合金は強く、複雑な形状を鋳造によって作ることにも適しているため、精密部品にも向いています。
ただし、耐食性には難があり、材料としてだいぶ改良されていますが、もともとの材料に含まれる不純物の量が規格値を超えてしまうと、経年劣化とともに粒間腐食などを引き起こすことが知られます。

リサイクル性に優れ、廃棄物も少ない、環境にやさしい製品

亜鉛ダイカスト製品はリサイクルが容易な分、再利用の際の省エネルギー化にも優れた地球にやさしい製品です。

アルミダイカスト製品 複雑な形状・量産にも対応

アルミダイカストは、複雑な形状に対応
できるという優れた特性がありながら、
量産にも適応できることからコスト面で
も優位性を保っています。
このため、自動車部品に積極的に採用さ
れ、ハウジングやブラケットなどの構造
部品や耐摩耗性が必要な機能部品などに
使われています。
またアルミダイカストの密度は鉄の約
1/3という軽さから、軽量化材料として
も大きな期待が寄せられています。

経済的で軽量化、大量生産に向いている鋳造。

経済的で鋳造しやすい面があり、大量生産に向いた鋳造方法です。
また亜鉛ダイカストと比較すると、軽量な製品が作れます。

アルミダイカストは高い強度を持ち、導電性、熱伝導性に優れ、耐食性や加工性に優れている製品を製造することができます。

仕上げをしなくても寸法精度が保つことが可能など加工レスに対応。

鋳物は精度を出すのが難しいとされますが、アルミダイカストの大きな特徴として高い寸法精度を出せるという点があげられ、大量生産に特に向いた生産方法でもあります。

リサイクル性に優れ、廃棄物も少ない、環境に優しい製品。

アルミニウムダイカストは、軽量かつ耐久性に富み、リサイクル性に優れており、省エネルギー、省資源など環境保全に役立っています。
トップへ戻る
Copyright (C) 2015 KANARE Industries co.,ltd. All Rights Reserved.